メニュー

sumaho_top.jpg

なぜ、ブランディングが重要なのか? その必要性とメリットとは?

昨今、多くの商品にブランディングが実践されています。
現代では業種に関係なく必要なものとなっています。
ここでは、「なぜ、ブランディングが必要なのか?」その必要性やメリットについてお届けします。
必要性を改めて知り、有効的なツールに活かしていけるようにしていきましょう。

  1. ブランディングとは一体何か?
  2. ブランドに囲まれた現代の生活!
  3. ブランディングの必要性
  4. ブランディングのメリット!
  5. ブランディングを行う際に押さえるポイント!
  6. まとめ

1.ブランディングとは一体何か?

1.png

皆さんは、ブランディングの意味を正しく理解していますでしょうか? 継続的に商品を選び続けてもらうためには、ブランディングは重要な役割を担ってい ます。ですが、目先だけに捉われたブランディングでは、消費者へ向けた訴求効果まで は届きません。現代社会においては、ブランディングが商品に及ぼす影響はとても大 きく、ブランディングがしっかりできてこそ消費者へ反映されるものとなっています。 「一体、なぜその商品を消費者は購入するのか」デザインが優れているのも理由の一 つにはなりますが、それ意外の理由もあります。本来、ブランドとは、自社商品やサー ビスを他社と区別するための機能です。他社との区別方法には、ロゴ、商標、デザイン 、カラー、ブランド名称など様々な要素が重要になります。 また、マーケティングとブランディングにも違いがあります。自社商品を選んでもらう ことが目的であることには違いはありません。しかし、マーケティングは、消費者ニー ズや競合等を把握して、顕在顧客や潜在顧客を増やす施策です。多くの消費者に向け て、「欲しい!」と思ってもらうために行動します。一方、ブランディングは、他社との差 別化を図って、その商品の価値やイメージを消費者へ想起させることです。マーケティ ング活動ばかり行っていても、商品の価値を固めて良さを消費者へ伝えることができ なければ意味がありません。また、ブランディング活動ばかり行っていても、消費者へ の発信をしなければ魅力は伝わりません。このことからも分かるように、両方をバラン ス良く実行することが重要なポイントでもあります。ブランディングの重要性を理解し 、消費者へ向けてより効果的なブランディングができるようにしていきましょう。

1.png

 

2.ブランドに囲まれた現代の生活!

2.png

現代、私達の生活には数多くのブランドが存在していることをご存知ですか?普通に 日常生活を送っているだけでも多くのブランドに接しており、数え切れない程のブラン ドに接しているといえるのではないでしょうか。たとえば、駅に降り立った際に目にす る看板、コンビニをひと周りするだけでも沢山のブランドが目に入りませんか?意識し て見ているか否かにせよ、望むか否かにせよ、ブランドに囲まれながら生活を送ってい るのが実態です。では、皆さんは、買い物する際にどのようにその商品を購入している か考えたことはありますか?ブランドがあることが当たり前過ぎて意識したことはない かも知れませんが、ブランドには、一体どのような役割があるか考えてみて下さい。そ れを考えるにあたっては、ブランドの存在が大きな存在を示しているといえます。例え ば、ブランドデザインが全くない商品だけ陳列されていたら、どのような印象を抱きま すか?もし、そんな売り場を目にした時、食べ物や商品を購入するにも一苦労ですよね 。同じ色をした飲料が陳列されているだけでは、どんな味なのか、他の商品との違いは 何なのか、何一つ分かりません。ブランドが無い状態というのは、「これを購入しよう! 」と決定するにはとても困難であり、やはり、ブランドがあることでの情報は消費者側 からするととても大きいといえます。

3.ブランディングの必要性

3.png

ブランディングは、価格競争からの脱却、リピート率の向上においてとても重要な役割を果たし てくれます。まず、価格競争からの脱却に関しては、たとえば、同じような商品があった場合、消 費者は安い方を購入する方が多いと思いませんか?しかし、ブランディングがしっかり確立で きれば、消費者というのは価格に関係なく自分が気に入っている商品を購入したいと思うので す。この良い例にスタバが挙げられますが、消費者が「価格は高くともスタバを飲みたい」「コー ヒーはスタバ」というような意識が浸透しています。これを踏まえた上で、ブランディングはリピ ート率の向上にも繋がります。顧客というのは、新規と既存の2タイプに分かれます。企業側と しては、新規顧客を獲得してリピーターにまってくれる方を増やしたものです。いくら新規顧客 を獲得できても、それがしっかり自社のリピーターとなっていかなければ売上には繋がってい きません。ブランディングの確立は、既存顧客がブランドのファンになって、そのブランドの商 品に愛着を持ってくれるようになるので、リピート率アップを期待することができるのです。

3.png

 

4.ブランディングのメリット!

4.png

ブランディングのメリットには、広告宣伝機能、出所表示機能、品質保証が挙げられま す。まず、広告宣伝というのは、商品を知ってもらう活動で、大きな広告宣伝機能を発 揮できます。新商品を販売する際にも、ブランドを付加して発売できるので、消費者へ も受け入れられやすく、商品の持つステータスを感じてくれることもあります。なので、 競争優位に繋がっていきやすいのです。また、消費者から支持されるブランドになれば 、商品をはじめ企業自体に資産価値をもたらします。目には見えないものですが、様々 な形で貢献してくれるでしょう。次に、出所表示機能というのは、消費者目線で、商品メ ーカーや他社との違いなど判別できることです。商品の出所が明確であることは、消費 者にとって安心して商品購入できるきかっけになります。そして、品質保証があること で、一定品質を予測して、安心して購入できることに繋がります。同一ブランドでも購 入したことのない商品であっても一定品質を予測できるので、ある程度安心して購入 できます。このように、消費者へブランドイメージを持ってもらうことができると、それ が購買意欲、リピーター、信頼へと繋がるものなのです。

 

 

5.ブランディングを行う際に押さえるポイント!

5.png

まずは、求めるターゲットと価値を設定しましょう。どのような価値を提供するのかが とても大事になります。ターゲットを明確化、そして、ダイレクトに訴求する価値を提 供すること、このポイントがとても重要になってきます。ここを見誤ってしまうと、一体 誰をターゲットにしているのか不明確なブランディングになってしまうので注意した いところです。また、コンテンツを整理しましょう。ターゲットにダイレクトに訴求する コンテンツを考えましょう。消費者目線に立って消費者が知りたいこと、それを踏まえ て商品が伝えたいこと、この観点から考えていきましょう。多くのアイデアから核とな るコンテンツをベースに調節していくのがポイントです。

5.png

6.まとめ

ここでは、「なぜ、ブランディングが必要なのか?」その必要性についてお届けしてきましたがいかがでしたか?現代では、広告だけでは消費者は商品を 購入しない時代になっています。今は、マスメディアやインターネットの発達で、商品に関する情報量は膨大に増え、広告を出すだけで商品を販売するこ とは難しくなっています。企業は、消費者の記憶に残るブランディングに取り組む必要があるのです。ブランディングを構築して、販売競争を有利に進め ていきましょう。