メニュー

Works 「襟 想 ーERIMOー」 ブランディング | 株式会社ステイクハウス

BLOG

Works 「襟 想 ーERIMOー」 ブランディング

公開日:2018年10月09日(火)

 

erimo yoko

 

 

 

 

スクリーンショット 2018 10 06 12.20.38 

 スクリーンショット 2018 10 06 12.18.53

 

 

 

IMG 5982

 

 

ビジネスシャツをを展開する株式会社オギタヘムト。

そのオギタヘムト様の新ブランド「襟想ーERIMOー」のブランディングを担当させて頂きました。

 

40代・50代を中心としたビジネスマンがクールビズのノーネクタイ時にVゾーンが綺麗じゃない・・・

襟が大きく開いてしまって、シャツ本来のシルエットが出ておらずスマートでない・・・

そんなビジネスマンのシャツスタイルを良くしたいという想いから誕生したブランド。

 

まず、オギタヘムトの想いはニーズがあるのか、またビジネスマンのシャツに対する現状を把握するためにインナーとアウターそれぞれにヒアリングを実施。

 

ブランドは社内(インナー)と生活者・取引先など(アウター)の皆様によって成り立っています。

双方の支持なくしては成長発展はあり得ません。

そのため社内(インナー)とビジネスマン(アウター)両方の調査を行いました。

●社内(インナー):プロジェクトチームの皆様とビジネスマンの悩み・課題、このブランドの強みなどを洗い出しました。また、香川県にある自社工場にも訪問させて頂き、職人と言われる生産者の皆様にもヒアリングを行いました。

●ビジネスマン(アウター):弊社独自のWEBを利用しての調査を実施。

そしてビジネスマンがシャツにに対してどのような悩み・思考を持っているのか、どの店舗で購入するのか、どの価格帯のシャツを購入するのか、等をグループインタビューにて調査。

また女性の意見や考えも取り入れたいと考えていますので、女性の皆様にもグループインタビューを実施しました。

上記の内容をから、

オギタヘムト:手作りなプロフェッショナルなシャツ創りを行なっている、ビジネスマンのVゾーンを綺麗にしたい。

ビジネスマン:襟元のことを気にしている、綺麗な着こなしをしたい、女性の視線が気になる、等の想いがある。

 

現状を細かく把握し、このブランドの方向性の整理を行いました。

そして、プロジェクトチームの皆様とミーティングを繰り返し、

ターゲット設定、製品のクオリティー、など細かくチェックを繰り返し整理を行い、ブランド名を決定。

 

「襟 想 ーERIMOー」

オギタヘムトの想いであるビジネスマンのVゾーンを綺麗にしたい、

ビジネスマンの想いである綺麗な着こなしをしたい、

双方の想いを適えるブランドである。

 

ロゴマークの制作も弊社が担当しました。

どなたにもブランドコンセプトがひと目で理解できるよう、あえて漢字で表現しました。

赤の円は、ビジネスマン・オギタヘムト・生産者、3つの想いを表しています。 

ロゴの他、映像等も弊社で制作しましたので後日ご紹介させて頂きます。

 

 

ブランディングで大切なことは、双方の想いや考えをどう組み合わせるのかです。

決して一方通行的なブランドでは発展しません。

このブランドは双方の想いが合致する事で価値があるブランドになります。

生活者ニーズが多様化し、モノやサービスも満ち溢れ、どの商品やサービスを選択するかが細分化し多様化しています。

そんな状況下でもブランドが誕生し、発展して行くことは可能です。

それには双方の想いやニーズをしっかり把握し戦略を立案するかが大きがキーとなります。

 

 

ブランディングでお困りの企業様はぜひ弊社「株式会社STAKEHOUSE」までお問い合わせください。

情熱を持ったスタッフが、丁寧・親切にクライアントのパートナーとなりサポートさせて頂きます。