メニュー

Brooklyn Brewery | 株式会社ステイクハウス

BLOG

Brooklyn Brewery

公開日:2017年05月10日(水)

 

419713 256624404412108 718289281 n

 

Brookylnbrewery.svgのコピー

日本でも数年前から人気の出てきたクラフトビール。

大手ビール会社ち違って、味やボトルデザインなど様々な個性・特徴があって楽しいですよね。

私の好きなクラフトビールのひとつがニューヨークのブルックリンにある「Brooklyn Brewery」です。

妹がNYCに滞在していたこともあり、毎年行ってました。

初めてNYCに滞在した時、Brooklyn Breweryの事を知り気になっていました。

そして5年前NYC滞在時に念願のBrooklyn Brewery醸造所に行くことができました。

醸造所にはOFFICE・BARもあり、できたてのビールを飲む事ができます。

いきなり行ったので見学は出来なかったのでBARに行きました。

行ったのは18時ぐらいで地元の方々で超満員。

印象的だったのは、お客さんとスタッフがものすごく楽しそうに話をしている事です。

私もつたない英語でスタッフと話をし、考えや歴史を聞く事ができました。

創業者のSteve Hindyさんは、ブルックリンの皆さんに飲んでいただきたい思いで創業したそうです。

そして、ビールがあって人が集まるのではなくて、楽しい空間にビールがあればいいんだという考え方をしているようです。

その考えを象徴しているのが醸造所のBARです。お客さんはBARがきっかけで友達なったり、

お客さんとスタッフでバスケットチームを作ったりとコミュニティスペースの様になっている事に驚きました。

この話を聞いた時、これこそうまいブランディングだな〜と感じました。

そして何よりお客さん・スタッフが物凄く楽しそうにしている、観光客の私に対してもすごくフレンドリーに接してくれる事に驚きを感じました。

今ではマンハッタンの多くのレストラン・BARで飲める様になっていますが、原点は蒸溜所のBARから始まったんだと思うと、少しずつ少しずつ成長していて、確実にファンを増やしていっているんだな〜と思うと、

私も楽しい気分になりました。

こういうブランディング手法は日本企業にとっても参考にできるんじゃないでしょうか。

商品やサービスのブランドは生活者からの支持がないと存続できません。

さらにファンが増えないと永続的な成長は見込めません。

改めてそういう事に気付かされたBARでした。